読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La dolce vita again

gateaux & voyages

Galettes au sesame (ごまのクッキー)

f:id:cipolina:20160711152450j:plain:h480
 バニラビーンズの値上がりを誰か止めてください。バニラの産地マダガスカルやタヒチが荒天などの影響で収穫が落ち込んでいるそうで、国際価格は5倍以上に跳ね上がっているらしいです。私が買っている近所の製菓材料点では2倍くらいの値上がりで抑えられていますがこれからもっと上がるかもしれません。どうかこれ以上高くなりませんように。つややかなバニラのさやにナイフを入れながら、ひとりごちております。
www.nikkei.com

f:id:cipolina:20160711152819j:plain:w300

 今日のおやつは、ガレット・オ・セザム。昨年旅行したドイツ・オーストリアでゴマのお菓子やパンに出会ってその半端ないゴマ量にびっくり。モーン(ゴマ)愛されてる。すごいなモーン。
彼の地にならい、ゴマ感たっぷり。ガレットブルトンヌのように厚めのクッキーを試作することにしました。

 ひとくちサイズのガレットにしてみたかったので、型はちょっと小さめ。4cmの丸型を使用。粉1に対しゴマ1の分量。追加でいりごまも投入。そして名脇役のバニラビーンズも忘れずに。
深い胡麻の風味、さくっとした歯触り。ゴマのつぶつぶつが口の中で踊るなんだか楽しいクッキーになりました。
ありがたいことにゴマの価格はそのままでしたので、これからも活躍してもらえそうです。ゴマ。ぐっじょぶ。


 器は、京都「うつわ屋やまほん」さんにて。古谷宣幸さんの小鉢。



 試作したレシピ覚え書き↓。




「Galettes au sesame」

《材料》 (4cm丸型 高さ1.5cm 16個~18個)

  • 黒ごま(すりごま可)  20g  
  • 白ごま(すりごま可)  25g  
  • グラニュー糖     45g
  • バニラビーンズ    1/4本
  • 発酵無塩バター(常温)100g      
  • フルールドセル(塩)  2g
  • 卵黄         15g
  • 薄力粉        90g
  • ベーキングパウダー  1g
  • 黒ごま(いりごま)  12g
  • 白ごま(いりごま)  12g


(つや出し用の卵液)翌日作業の前に作ります

  • 卵黄    1個
  • 牛乳    大さじ1
  • 塩     少々

小さな器に材料をすべて入れて合わせ、茶こしなどで漉しておく

《作り方》

  1. 型にバター(油でもよい)をぬって冷やしておく
  2. 黒ごま、白ごま、グラニュー糖、バニラビーンズをフードプロセッサーに入れて30秒ほまわしタンプータンを作る
  3. ボウルに、常温にもどしておいたバター、タンプータン、塩を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる
  4. 卵黄を加えよく混ぜる 
  5. あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜる
  6. 黒ごま・白ごま(粒のままのもの)を加えしっかり混ぜる 
  7. 絞り袋に生地を入れ、型いっぱいまで絞る。表面をカードやナイフなどですり切る。ぴったり満杯になるように
  8. 冷蔵庫で一晩冷やす
  9. つや出し用の卵液を作る (材料欄参照)
  10. 刷毛で生地に卵液をうすくぬる
  11. 卵液がかわいたら、フォークで模様をつける
  12. 165度で25分~30分焼く
  13. 型のまま冷まし、冷めたら型から出す